クッキー型 チョコレート型 シュガークラフト デコレーション用品 輸入製菓用品の通販ショップスウィートハーツ
ウィルトン社

スタッター社

ホームクッキー型の上手な抜き方

■細かいデザインクッキー型の上手な抜き方■

アイシングクッキーが苦手な方もこまかいデザインクッキー型を使えば

そのままでもかわいいクッキーを作ることができます。

レシピ:クッキー(サブレ)生地材料 

薄力粉 150g

粉糖  60g

アーモンドパウダー 40g

無塩バター 90g

豆乳 10g(牛乳でもOK)

※卵をいれないレシピです。

焼成時に膨らみすぎるとせっかくの模様が消えてしまうのでこのレシピを使っています。

※クッキー生地を作ります。

豆乳以外の材料をすべてフードプロセッサーに投入します。

「パルス」を押しながら豆乳を少しづつ入れていきます。

最初は、粉ぽいですが、2~3分ぐらいであっというまに生地がまとまってきます。

フードプロセッサーは、一度、使うと本当に手放せなくなりますよ。

 

※細かいデザインのクッキー型で生地を抜く場合 その1:

プロセッサーから出した生地は、クッキングシートで挟んで面ぼうで5mmぐらいの厚さに整えます。

あまり厚みをとると型抜きをする時に、型の中にはまってしまいとりずらくなるので生地は、

あまり厚くしないほうがお勧めです。

おおまかに整ったらこのまま冷蔵庫で1時間ぐらいねかせます。

※細かいデザインのクッキー型で生地を抜く場合 その2:

今回は、ブルドック顔/パグ顔のクッキー型を使用してみます。

まずは、しっかり強力粉を型につけます。

薄力粉でもいいと思いますが、強力粉のほうがさらさらしているのでこちらをよく使います。

冷蔵庫から出した生地は、固いので少し放置して生地がちょっとだけやわらかくなってから抜くと

型に入り込まず型抜きがしやすくなります。

もし、挟まってしまった場合、少しぐらいならフードブラシなどでやさしく押していくと

あまりダメージなく外すこともできます。

こんな感じで生地に残したほうが、やりやすいです。

 

まわりの生地をそっと取り除いたらベーキングマットにのせて170度のオーブンで15分ほど焼成。

ガスオーブンは、火力が強いので特に様子をみて焼成してください。

 

夏場など室温が高い時は、生地がすぐだれてきますので型どりをした後、再度、冷蔵庫へ入れて

 

固めてからまわりの余分な生地を取り除くとやりやすいです。

 

ガスオーブンを使用しているのでちょっと焼きすぎだったかもしれませんが、

アイシングしなくてもかわいいクッキーが完成です。

このパグ顔がかわいいすぎるととっても評判が良かったです。

その他にもドイツのクッキー型には、細かいデザインクッキー型がたくさんあります。